新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア ◇NHKドラマ

スポンサーリンク
安克昌(著) NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」(主演:柄本佑)被災者の“心のケア”のパイオニアとして、奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ。阪神・淡路大震災25周年――自らも被災しながら、被災地の“心の叫び”と取り組んだ精神科医の感動の記録。サントリー学芸賞受賞作の増補決定版大震災で、人の心はいかに傷ついているのか?そして、復興によって癒すことはできるか?
スポンサーリンク

柄本佑主演、NHKでドラマ化

NHKでドラマ化されたので読み直してみました。

私が持っているのは初版なので、現在の版では亡くなられた先生へのコメントなどがあるのかもしれません。

こちらは私がもともとPTSDの治療に興味があり、方法を模索している中で中井久夫先生絡みで出会った本です。

序に中井先生が「この震災の中で彼は多くのものを見た。にもかかわらず、彼の筆致は淡々として、やわらかであり、まろやかでさえある。その中に、彼のと悼みと願い、怒りと希望とを読み取ることは読者が共同して行う仕事となる」と書かれているように、ぜひ実際に読んで頭の中にめぐるいろいろな思いや感情を味わっていただきたい本です。

 

大震災時の心理的なファーストエイドマニュアルなどを読めば、どうやって対処すべきか、ベターな方法は書かれているでしょう。そうしたマニュアル化されたものではなく、真っ只中での苦悩や行き詰まり、絶望、希望などを読み取っていくことが大切なんじゃないかと思います。

  

神戸淡路大震災が起こったとき、私は京都に住んでいました。揺れたなとは思いましたがのんびり二度寝。起きたら冷蔵庫の扉が空いているわ、物が落ちているわでびっくりし、さらにTVをつけたら惨状が放送されていて言葉を失ったことを今でもはっきりと覚えています。

 

安先生高崎先生は外傷性精神障害に尽力されていました。

お二人共鬼籍に入るのが早すぎる。

 

 

  

安先生に関する本ではこちらもおすすめです。

河村 直哉 ドラマに登場する新聞記者(谷村)のモデルが描いた「傷つきにやさしい社会」の実現を願う、安さんの精神科医としての姿勢と生き方、そして家族との最後の日々……

 

安克昌(著) NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」(主演:柄本佑)被災者の“心のケア”のパイオニアとして、奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ。阪神・淡路大震災25周年――自らも被災しながら、被災地の“心の叫び”と取り組んだ精神科医の感動の記録。サントリー学芸賞受賞作の増補決定版大震災で、人の心はいかに傷ついているのか?そして、復興によって癒すことはできるか?

コメント

テキストのコピーはできません。