普通のSony Bank WALLETのデビットカードをVisaのタッチ決済のカードに無料で変える裏技

スポンサーリンク

ソニー銀行では、普通のキャッシュカードだけではなく、

VISAデビットカードつきのキャッシュカードを発行できます。

それがSony Bank WALLETです。

スポンサーリンク

Sony Bank WALLETのメリット

Sony Bank WALLETのVISAデビットカードを使って日本国内で買い物すると、利用額に応じてキャッシュバックがあります。キャッシュバック率は最低でも0.5%。ステージによってはキャッシュバック率が2.0%まで上がります。私は住宅ローンをソニー銀行で借りているので(これもめっちゃ安い)、ステージゴールド( 1.5% )を維持しています。キャッシュカードでも1%で高還元の時代です。デビッドカードで1.5%の還元は破格です。3Dセキュアが使えるので、楽天ペイなどにも登録できます。

そして、Sony Bank WALLETのキャッシュバックのよさは、毎月1日〜末日のデビットカード利用額に応じてキャッシュバックがあり、翌月25日までに入金される点です。1円単位で還元されます。ポイントを貯めて、アマゾンポイントに変えたり…そんな手間いらず。

Sony Bank WALLET は、VISAのタッチ決済に対応

これからSony Bank WALLETを作る人はラッキーです。VISAのタッチ決済に対応したカードが送られてきます。日本ではQRコード決済(○○PAY)が流行っていますけれど、ヨーロッパではカードをかざすだけで支払いが完了するタッチ決済が主流なんですよ。日本ではとりあえずマクドナルドなどで体験できます。

 

しかし問題がひとつ!

ただ、既にVISAのタッチ決済に対応していないSony Bank WALLETカードを持っている場合が再発行が必要です。昔から使っている私がそうです。Q&Aを見てみましょう。

1650円(税込み)!

タッチ機能をつけるためだけに切り替えるのは・・

でも裏技があります。

Visaのタッチ決済に無料で変更するには…

 

Sony Bank WALLETのメニューから解約を押します

 

ええっ。チョット待ってと思うかもしれません。

よく画面を見てください。

 

文章をしっかり読んでみましょう。

【ご注意ください】改めて Sony Bank WALLET をお申し込みいただく場合は、本解約手続きの翌々営業日以降にお申し込みが可能となります。なお、新規に Sony Bank WALLET をお申し込みいただいた時点で、お手元のカードのキャッシュカード機能はご利用いただけなくなります。」

 

ということで、翌々営業日になったら Sony Bank WALLETを申し込みましょう。私の場合は VISAのタッチ決済対応のカードに変身して帰ってきました(当然、カード番号は変わってしまいます)。その前に送られてくるはずのキャッシュカードなしに、直接デビットカードが送られてきました。当たり前ですが請求も今の所ありません。くれぐれもこっそりとご自身の責任でお願います。

 

 

ちなみに封筒にこれも入っていたけれど、もらえるのかな?

また報告します。

「Sony Bank WALLET 申し込み」の画像検索結果

 

コメント

テキストのコピーはできません。