過去ブログ

診療報酬改定

診療報酬改定(2018) 臨床心理検査・神経心理検査関連

2018年の診療報酬改定において、臨床心理士関連の項目での変更がありました。 以下にまとめておきます。 長谷川式スケール・MMSEが診療報酬に 高齢者の領域でよく使われている長谷川式知能評価 スケール、 ...
過去ブログ

慢性疲労症候群に認知行動療法

青少年の慢性疲労症候群に認知行動療法が効果があるという発表を見かけました。 しかもネットでの実施とのことでいろんな可能性を感じますね。
過去ブログ

理想と現実

カウンセラーってもっと一匹狼で自分の腕だけでやっていく仕事だと思っていた。 でも実際はもっとごちゃごちゃした世界なんだよね。 人間関係から政治まで絡んでくるちょっと面倒なところ。 臨床を重ねて、腕も上がったけれど、うまいこと適当にやって...
スポンサーリンク
過去ブログ

再開するする詐欺

のようになっていてすみません。 復活させるならしっかりやりたいんですよね・・・ かといって、やり切る集中力と時間が足りず なんでいま書いているかというと、ブラウザを変えたんです。 ずっとfirefoxだったんですけど、chrome系に移りま...
過去ブログ

便利な世の中?

ここ最近、新しく導入した電化製品系でいろいろ楽になったことが多い。 iphone,ipad スキャナで自炊 SSD使ったPC ルンバ いろいろ捗りますw
過去ブログ

ちょっとしたメモから・・・

山上敏子の行動療法講義with東大・下山研究室 山上敏子先生の著作を読んでちょっとやる気が出た!EMDR、認知療法的なことはやってたけど、(認知)行動療法を調べ直すと使ってる/使えそうなテクがいっぱいだ・・もともと心理療...
EMDR

EMDR研修会

名古屋での福井先生によるEMDR研修会。 「最新心理療法―EMDR・催眠・イメージ法・TFTの臨床例」の絶版について福井先生が話題にしたのが一番印象的だったかなw
過去ブログ

自我状態療法(Ego State Therapy)

自我状態療法というのは、複雑性PTSDの治療に役立つセラピーだ。いわゆるクライエントの持つ解離の傾向を病的なものという枠に閉じこめず解離能力として生かすような治療を展開することができる。心の中に生じるいろいろなものをひとつの部分(パート)、...
過去ブログ

メモ

バーンズによる10種類の認知の歪み 全か無か思考(all-or-nothing thinking) 過度の一般化(over-generalization) 心のフィルター(mental filter) 拡大解釈と過小評価(magnifica...
過去ブログ

サヴァン症候群

サヴァン症候群とは、知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指す。 現在では脳の器質因にその原因を求める論が有力だが、自閉性障害のある者が持つ特異な認知をその原因に求める説も...
過去ブログ

解離とは?

テレビや小説に熱中しすぎて、声をかけられても全く気づかない。高速道路を運転していて気づくと目的地前。授業がつまらないのでぼーっとしていて、名前を呼ばれてもすぐには気づかない……そんな体験をしたことはありませんか? このような体験は、多かれ少...
過去ブログ

原始的防衛機制 primitive defence

原始的防衛機制とは、より早期の乳幼児の発達段階で活発に働いている防衛機制のことです。。メラニークラインの考え方になります。 原始的防衛機制が発動するのは、フロイトやアンナ・フロイトのいう「自我の防衛機制」の成立する前の生後3~4ヶ月を頂点と...
過去ブログ

心の理論:Theory of Mind

「心の理論」という考え方は、自閉症の特徴として語られることが多い概念です。簡単に言えば「相手がどんなことを考えているか、感じているかを察する」「他人が自分とは違う考え方、信念を持っていることがわかる」能力のことです。 幼児期の発達についての...
過去ブログ

ピアジェの理論(感覚運動期)

ピアジェ(Piaget,J.)は、発達心理では必ず出てくる人ですね。 彼は認知構造の質的な差異と認知操作の差異から、知的能力の発達を感覚運動期(0~2歳)、前操作期(2~7歳)、具体的操作期(7~12歳)、形式的操作期(12歳以降)の4つ...
過去ブログ

赤ちゃんの言葉:喃語(なんご)

赤ちゃんが「あうー」と自分で意識して声を出した言葉を喃語(なんご)と言います。生まれてからすぐに声は出しますがコントロールできるようになるのは生後2ヶ月くらいだと言われています。生後4ヶ月~6ヶ月くらいで「母音+子音」の表現がだんだんとでき...
過去ブログ

防衛機制(一覧)

抑圧:不快な感情や体験を意識にのぼらせないようにすること 逃避:困難な状況から逃げたり、直面を避けたりすること 対抗:発達的に幼稚な段階に戻ること 反動形成:自分の本当の感情に気づかず、逆の態度を取ること 転移:本来感情を抱いていた相手とは...
過去ブログ

「縁あって出会った関係に別れはない」

「クライエントにはじめて会うとき、いぜんからの顔見知りに会うつもりになってみることをお勧めします。もともと顔みしりで、将来もずーっとつきあう間柄であったら、いまここで、自分はどうふるまい、なにを・どう語るだろうかと常に意識して、そのように行...
過去ブログ

「不登校の増加」報道の歪み

不登校が増えていると言う。 8月7日17時16分配信 時事通信  2007年度に学校を30日以上欠席した「不登校」の小中学生は前年度比1.9%増の12万9254人に上ることが7日、文部科学省の学校基本調査(速報)で分かった。小、中とも2年連...
過去ブログ

ラポール

「ラポール」とは、フランス語で「橋を架ける」という意味があるそうです。人と人の関係に橋が架かった状態、お互いに信頼することができ、気軽に話しをすることができるというような良好なコミュニケーションが取れる状態を「ラポールが取れている」と言いま...
過去ブログ

エントレインメント

赤ちゃんとお母さんの関わりには、少し特殊なものがあります。赤ちゃんは言葉を使えませんが、お母さんは「ゆきみどりちゃん、眠いの? ねんねしましょうね」と話しかけます。 こうした働きかけに赤ちゃんは身体を動かして反応していることがわかっていま...
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。