Internet Explorerでスクリプトエラーが多発する際の対処法【初心者向け解説】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Microsoft Edge に移行しても、まだ必要な Internet Explorer

 

Windows7のサポートが打ち切られ、 Windows10 を利用する人が圧倒的に増えたと思います。それと同時にInternet Explorerを利用すると「このページのスクリプトでエラーが発生しました」という警告が多発するようになったという報告が目に付きます。

 

標準ブラウザは Microsoft Edgeになり、Internet Explorerを使うことは少なくなっていますが、古いサイトでは使えるブラウザが限られていることもありますね。私もMoneyLookで口座更新をする際に Internet Explorerなのにスクリプトエラーが出てイライラしてしていました。

このエラーの原因・対処法がわかりましたのでこちらにメモをしておきます。

 

Internet Explorer のキャッシュを削除しよう

 

このようなトラブルの定番の解消法は、たまっているキャッシュを削除することです。 Internet Explorer には過去にアクセスしたページのさまざまな情報を保存しています。それが膨大になったり、エラーを起こすことでスクリプトエラーが生じることがあります。

 

これらを Internet Explorer から削除することで、スクリプトエラーが消えることが多いです。まずはこちらの対処を試してみましょう。特に効果があり、仕様に問題が生じることのできない 「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」 「クッキーとWebサイトデータ」 「履歴」を削除します。

 

実際にやってみましょう

  

Internet Explorerの右上にある歯車のマークをクリックします。

 

 

次に「セーフティ(S)」にマウスを合わせます。そうすると右側に展開しますので「閲覧履歴の削除(D)」をクリックしましょう。

 

そうすると「閲覧の履歴の削除」が開きます。

インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル

クッキーとWebサイトデータ

履歴

にチェックを入れて「削除」します。

 

これで完了です。

Internet Exploreを再起動して、エラーが出たページに行ってみてください。

解消されていると思います。

 

Internet Explorerから移行するならVivaldi

 

もし新しいブラウザを探しているのでしたらVivaldiをオススメします。

Google ChromeとOperaの特徴を併せ持ち、軽量設計のブラウザです。

Google Chromeもよいブラウザですがサイドバーがないのがマイナスですね。

Vivaldi: 広告ブロック, プライバシー保護, 設定豊富なブラウザ
Vivaldiブラウザは広告ブロックの付いた、オンラインプライバシーを保護する、設定と機能が豊富で高速・安全なブラウザです。PCとスマホ - Windows/macOS/Linux/AndroidでVivaldiを手に。




コメント