「アドラー心理学」的処世術の記事がすばらしい‥心理学ニュース

スポンサーリンク

仕事の成績を上げるため、頑張ろうと奮起する自分。疲れ果て、もうやめたいと悲鳴を上げる自 分。そんな2人の自分を客観視する自分。内側で3人の自分が葛藤(かっとう)するのはなぜでしょうか? 分かれば気持ちがラクになるかもしれません。2008年08月04日 14時07分 公開[平本相武(構成:房野麻子),ITmedia]

アドラー心理学では、物事を「目的論(Teleology)」で考えます。より理解しやすくするために、反対の考え方「原因論」から説明しましょう。

例えば、「子供時代にいじめられたから不登校だ」「子供時代に虐待されたから神経症だ」「砂糖を摂取しすぎたから精神障害が起きた」など、「原因論」では、何かが要因となってこうなったと考えます。しかし、その原因を探り出そうとすると、いくらでもそれらしい原因が見つかって切りがない。しかも、どれが本当の原因か分からなくなるんですね。

そこでアドラー心理学では、原因を際限なく探し続けるより、目的に向かって考えようとします。症状を使って何を得ているのかを引き出し、その症状以外の方法で目的を手に入れることができたら、その症状をなくすことができる、と考えます。この考え方が「目的論」です。

アドラー心理学の全体図

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0808/04/news039.html

  
少し長めに引用させてもらいました。

正直、びっくりするような記事だったので。

過去の心理学ニュースを整理していて発掘しました。

アドラー心理学は一時期ブームになりましたね。

 

あれ嫌いです!

 

だって私が20年以上前にきっちり勉強したアドラーがあんなかたちで…

野田先生、鎌田先生、中島先生に教わりました。

大阪アドラーギルド系列ですね。

それについてはまたモノローグで書こうと思います。

 

2008年に書かれたこのシリーズはすばらしいです。

表面的な「嫌われない勇気」アドラーとは違う、

個人心理学としての考え方、目的論や横の関係、共同体感覚など

基本的なことがばっちり書いてあります。

 

たぶん同じ時期にきちんと学ばれた方なんだなと思います。

ぜひ目を通してください。本物のアドラーの一端が書かれています。

10年以上前の記事が残っているのがネットの素晴らしさですね。 

 

野田先生の本を久しぶりに検索したら

Kindleでトーキングセミナー集が読めるようですね。

(単行本は残念ながら絶版のようです)

アドラー心理学で読むならこれしかありません。

 

野田 俊作(著)  昭和23年3月100日生 魚座 A型 大阪大学医学部卒 神経科医。シカゴ アルフレッド・アドラー研究所にてアドラー心理学を学ぶ アドラー心理学上級セラピスト

コメント

  1. こんにちは!(*^^*)
    アドラー心理学、勉強してみたいと思っても、どれがいいのかわかりませんでした。
    野田先生のがお勧めなんですね。
    教えてくれて、ありがとうございます!

    • lulu より:

      今はkindleで4冊シリーズになっているものがいいですね。過去にアドラー心理学トーキングセミナー・続アドラー心理学トーキングセミナーで発売されていました。中古でこの2冊を買うほうがお財布には優しいですね。

テキストのコピーはできません。