解離とは?

テレビや小説に熱中していて、声をかけられても全く気づかない。高速道路を運転していて知らぬ間に目的地についてしまう。授業がつまらないのでぼーっと空想にふけってしまい、名前を呼ばれてもすぐには気づかない……そんな体験をしたことはありませんか?

このような体験は、軽度の「解離 dissociation」が起きていると言えます。しかし、解離というしくみ自体は、すべての人にそなわっている正常な 「こころ」の働きです。

特に多感な思春期には、解離を体験することが多くなると言われています。また、子ども時代に空想の友達を作ったりするのも解離のしくみと大きく関わっています。

教科書的な定義では、解離とは「こころ」に大きな負担がかかることによって、意識、記憶、アンデンティティ(同一性)、知覚の統合が失われるような状態のことを指します。

軽いレベルの解離では、自分の感情がなくなったような気がしたり、生きている現実感がなくなるような体験が生じます。

症状が重くなると自分の体験したことをきちんと覚えていられなくなったり、自分がちゃんと自分の身体をコントロールしているんだという感覚がもてなかったり、自分が体験した出来事、感情が自分のもののように思えなくなったりします。

統合が失われるとき、どうでもいいような些細な体験が抜け落ちているのではなく、普通だったら絶対忘れないような出来事が抜け落ちることが特徴的です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です