2008-10

過去ブログ

メモ

バーンズによる10種類の認知の歪み 全か無か思考(all-or-nothing thinking) 過度の一般化(over-generalization) 心のフィルター(mental filter) 拡大解釈と過小評価(magnifica...
lulu-web過去ログ

躁うつ病の疫学

うつ病は、精神科の病気としては、多く見られる病気です。 一生の間に、女性は20%、男性は15%前後の人が、うつ病にかかると言われています。 有病率も4~5%と言われており、統合失調症と比べても4~5倍の数字になっています。どちらかというと、...
lulu-web過去ログ

躁うつ病の概論

躁うつ病、躁病、うつ病というのは、それぞれ違う病気なのですが、ここでは細かく区別せず「うつ病」を中心に取りあげます。 誰でも元気がなくなり、落ち込んでしまうようなことってありますよね。うつ病になると、落ち込んでしまうことに加えて、しゃべり方...
lulu-web過去ログ

統合失調症の治療

++ 薬物療法 ++ 統合失調症の治療は、薬物療法を中心に行われます。服薬は統合失調症の症状を緩和し、再発の予防と再発に伴う機能低下を防ぐために重要です。症状が激しい急性期には、抗精神病薬は特に効果を発揮します。また、症状が消失していても予...
lulu-web過去ログ

統合失調症の治療

++ 薬物療法 ++ 統合失調症の治療は、薬物療法を中心に行われます。服薬は統合失調症の症状を緩和し、再発の予防と再発に伴う機能低下を防ぐために重要です。症状が激しい急性期には、抗精神病薬は特に効果を発揮します。また、症状が消失していても予...
lulu-web過去ログ

統合失調症の治療

++ 薬物療法 ++ 統合失調症の治療は、薬物療法を中心に行われます。服薬は統合失調症の症状を緩和し、再発の予防と再発に伴う機能低下を防ぐために重要です。症状が激しい急性期には、抗精神病薬は特に効果を発揮します。また、症状が消失していても予...
lulu-web過去ログ

統合失調症の疫学

統合失調症というのは、脳がうまく働かなくなって、現実を正確に判断する能力が低下したり、感情のコントロールができなくなったり、適切な対人関係を保っていけなくなる病気です。 統合失調症の有病率は、1%前後だと言われています。精神科単科の病院に入...
lulu-web過去ログ

統合失調症の概論 

統合失調症というのは、精神科の病気の中でも重いものだと言えます。勤めている精神科単科の病院では、入院患者さんの7割くらいが統合失調症の診断を受けています。 さまざまな研究が行われた結果、いくつかの仮説が考えられていますが、いまだにその本質に...
lulu-web過去ログ

精神病についての概論

精神病というのは精神科における中心的な治療対象であり、重い病気のひとつだと言えます。他の「こころ」の病気に比べると、遺伝との関係も深いようです。 もちろん遺伝病というわけではありませんが、近親者に精神病の人がいると、精神病になる確率がちょっ...
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。