人格障害

□妄想性 □分裂病質 □分裂病型

□境界性 □演技性 □反社会性 □自己愛性

□依存性 □回避性 □強迫性





回避性人格障害  



[ 概論 ] [ 診断 ]


回避性人格障害に当てはまるような人たちは「社会的な制止、否定的な評価に対する過敏性の強さ」が特徴的です。そして、あまりにも慎重すぎるために、日常生活に最低限必要な社交・対人関係を避けてしまうようなところがあります。

このタイプの人たちは、一般的に自己評価が低いような印象を受けます。意識しているかどうかはわかりませんが、何らかの劣等意識を持っていて、それを誰にも知られたくないと思っているのかもしれません。

人間関係は表面的そして形式的になってしまいがちなので、ごく親しい友人とのみ関係を持っていることが多いようです。

とはいっても、このタイプの人たちは「人間嫌い」ではありません。逆に、人間関係を求める気持ちはかなり強く、一番の関心事でもあるのです(これが分裂病質人格障害との違いです)。

それにも関わらず、このタイプの人が人間関係から距離を保たざるを得ないのは、自己評価と自己理想とのバランスの悪さが影響しているようです。

「社会的に認められている」「美人である」「才能がある」など、「〜のときだけ、自分はOKである」という限定が強すぎるのです。ある意味で、自分で自分の首を絞めているような気がしてなりません。





++ index page ++

Copyright(C) 1999-2005, lulu, All rights reserved.