人格障害

□妄想性 □分裂病質 □分裂病型

□境界性 □演技性 □反社会性 □自己愛性

□依存性 □回避性 □強迫性





自己愛性人格障害  



[ 概論 ] [ 診断 ]


自己愛性人格障害に当てはまるような人は、自分のことを「特別」だと思っており、まわりの人にもそれを押しつけようとします。

例えば会話の場面においても、つねに自分中心でなければ気が済まず、まわりに賞賛を求め、自慢を押しつけたりしがちです。また、対人関係においては、自分からは何も提供しないのにもかかわらず、まわりの人から搾取し、自分の思いのままに動かそうとする傾向が強いようです。

もちろん、愛想もよく社交的であり、人を惹きつけるものを持っていることが多いのですが、他人の気持ちを大切にしようとする気持ちに乏しく、いわゆる「自分に甘く他人に厳しい」タイプの人でもあります。

このタイプの人たちは、対人関係が自分の思うようにならなかったり、ストレス下におかれると、屈辱を受け自分の自信が揺らいだときが一番の危機です。こうしたとき彼ら/彼女らは抑うつ状態に陥りやすく、病院には「抑うつ」の治療を求めてくることが多いようです。

また他人の評価を恐れるあまりに「社交恐怖」になったり、自己に目が行きすぎるあまり「心気症」になったり、「薬物濫用」の世界の中でのみ自分の偉大さを味わうようなことになったりもします。





++ index page ++

Copyright(C) 1999-2005, lulu, All rights reserved.