神経症

□神経症とDSM−4 □抑うつ神経症

恐怖症 □強迫神経症 □不安神経症

□心気症 □離人神経症 □ヒステリー





恐怖症  



高いところが恐い、犬が恐いというは結構いますよね。

恐怖症というのは、それほど危険でもない対象や状況に対して、すさまじい恐怖を感じ、それを回避しようとするために日常の生活が脅かされるようになった状態をいいます。

DSM−4においては、「広場恐怖」「特定の恐怖症」「社会恐怖」の3カテゴリーに分類されています。

強迫症の対象には、いろいろなものがあります。例えば対人恐怖、外出恐怖、場面恐怖、動物恐怖、疾病恐怖、控訴恐怖、密閉恐怖などがあります。

日本においては、対人恐怖が多いようですね。これも軽いレベルであれば人見知りのような対人不安に過ぎないのですが、ひどくなると視線が恐くなったり、自分の体臭が匂うのではないかというような、やや分裂病性の病気のニュアンスがでてくることもあります。

どちらかというと、素直な感じの人におおいような印象があります。 特定のものを恐がるような人をからかったりするのは、くれぐれもやめましょう。

恐怖症に関連した書籍はそれほど多くありませんが、神経症を取り扱ったものの中に含まれていることが多いと思います。売れ筋のものは、こちらを参考にしてみて下さい。





++ index page ++

Copyright(C) 1999-2005, lulu, All rights reserved.