PTSD(心的外傷後ストレス障害)に関するお勧め書籍はこちらです。


出来事インパクト尺度  



1 どんなきっかけでも、そのことを思い出すと、
そのときの気持ちがぶり返してくる。
2 睡眠の途中で目が覚めてしまう。
3 別のことをしていてもそのことが頭から離れない。
4 いらいらして怒りっぽくなっている。
5 そのことについて考えたり思い出すときは、
なんとか気を落ち着かせるようにしている。
6 性生活に満足している
7 考えるつもりはないのに、そのことを考えてしまう
ことがある。
8 実際にはそのことは起きなかったとか、
本当のことではなかったような気がする。
9 そのことを思い出させるものには近よらない。
10 そのときの場面が、いきなり頭にうかんでくる。
11 神経が敏感になっていて、ちょっとしたことで
どきっとしてしまう。
12 そのことについては、まだいろいろな気持ちがあるが
それには触れないようにしている。
13 そのことは考えないようにしている。
14 そのことについての感情は、マヒしたようである。
15 気がつくと、まるでそのことが生じたときに戻って
しまったかのように、ふるまったり感じたりするこ
とがある。
16 寝付きが悪い。
17 そのことについて、感情が強くこみ上げてくる
ことがある。
18 そのことをなんとか忘れてしまうようにしている。
19 ものごとに集中できない。
20 そのことを思い出すと、身体が反応して、
汗ばんだり、息苦しくなったり、むかむかしたり、
どきどきすることがある。
21 そのことについての夢を見る。
22 警戒して用心深くなっている気がする。
23 そのことについては話さないようにしている。







金吉晴編(2001)『心的トラウマの理解とケア』より