Q&A  



++ クスリを飲めば治るのでしょうか? ++



重要なことは「クスリが病気を治す」のではないということです。

「こころ」の病気というのは、 生まれつきの体質や、まわりの環境、成長にしたがって身についた性格など、いろいろな要因から起こるものです。その巡り合わせの結果、夜眠れなくなったり、落ち込んだり、 不安になったりするのです。

クスリを飲むことによって、眠れるようになったり、 緊張しなくなったり、落ち込みが改善されたりと、表面的に見られる症状はある程度なくなることが多いです。けれども、それは根本的な解決ではないのです。

例えば、カゼを引いてしまったときにクスリを飲むと、 咳や喉の痛み、熱などは和らぎますよね。でも、「和らいだ=治ったわけ」ではありません。熱や痛みをクスリで抑えて、身体を楽にしている間に身体がもともと持っている力でウイルスを退治するのです。

「こころ」の病気でも、同じことが言えます。

表面的に出てきた症状をクスリが抑えることで、「こころ」に少し余裕ができるようになります。そうすると、問題を解決するために使えるエネルギーが増えることになるのです。

ただし、「こころ」の病気に関しては、その人のもともとの能力やまわりの状況などの影響も大きいので、クスリを飲んだだけで解決できる人もいれば、それ以上の援助が必要な人もいることになります。

カウンセリングは、ひとりでは解決できない問題を解決するためのお手伝いだと言えます。







back


Copyright(C) 1999-2005, lulu, All rights reserved.