Q&A  



++ 通院費を安くする方法はありますか? ++



「こころ」の病気は回復に時間がかかることが多く、毎週病院に通っていると金銭的な負担も大きくなりがちですよね。そこで「通院医療費公費負担制度」という制度を紹介したいと思います。

これは精神的な病気の通院治療に関わる医療費の自己負担を軽くするための制度で、申請手続きをしてから2年間、医療費の自己負担が5%になります。

例えば、いままで保険を使って2000円〜3000円払っていたとすると、500円程度の支払いでよくなります。

定期的に通院することを考えると負担は楽になると思います。ただDrに診断書を書いてもらわなければいけないので、申請時には多少お金がかかります。でも、何回も通院することを考えるとお得な制度だと思います。

また、市町村によっては、医療費助成制度を設けているところもあります。これは「通院医療費公費負担制度」を申請後の5%の自己負担分に関して、市町村が負担してくれる制度です。つまり、市町村によっては、通院にかかる費用が0円になることもあるのです。

「通院医療費公費負担制度」に関する窓口は、居住地を管轄する保健所です(注:平成14年度より、市町村が窓口になりました)。ただし基本的には、一度通院されている病院に「通院公費の申請をしたい」もしくは「32条の申請をしたい」と尋ねてみるのがいいと思います。

普通の病院であれば、病院がちゃんと事務手続きまでやってくれると思います。それを嫌がるような病院であれば、他のところを探したほうがいいかもしれません。

ただ注意しなければならないのは、病気の診断名によって制度が利用できない可能性があることです。その辺りの事情は、精神科のDrやPSWが詳しいと思いますので、通院されている病院に問い合わせるのが一番だと思います。







back


Copyright(C) 1999-2005, lulu, All rights reserved.